【最新】もうリバウンドしない!痩せるために本当に必要なこと!(心理編)

こんにちは!ダイエット後もずーっと痩せマインドが続く『ウェルネス・ダイエット』トレーナー若林里実です

せっかくダイエットを頑張ったのに元の体重に戻ったり、ダイエット前より太ってしまう『リバウンド』 

減量とリバウンドを繰り返すと、筋肉量が減り、脂肪を溜め込み、いわゆる太りやすい体質になってしまうのです。

激痩せ激太りをしている方は特に注意が必要です。今のダイエットを成功させ、キレイ痩せを叶えるために

今日の記事がお役に立てたら嬉しいです。

リバウンドゼロ、自分にあったダイエッを知るために必要なこと。

リバウンドしないダイエットとは?自分に合ったダイエットを見つけることです。

けれど、痩せる方法、ダイエット特集は数えきれないくらいあり皆ダイエットの知識はあるのに、なぜ、多くの方が結果を出せずにいるのでしょうか?

答えは、誰かの痩せた!は、誰かにとっては完全・完璧なもの。

けれど、『あなたにとっては不完全であり、万人に当てはまるものでない!』からです。

リバウンドしない自分にあったダイエットを知るために、誰かのダイエットをそのままやることは、やめましょう!

まず、自分にあっているダイエットを見極める基準として

自分のカラダの声に耳を傾けて、今の自分の状態を冷静に見ていきましょう。

【具体的にこの4つ】

・自分の体質や性格、

・生活スタイル、

・好きなことや苦手なこと

・自分が一番気持ちよく過ごせる状態

ダイエット成功のためにも、自分と向き合うことが大切です。

過去のダイエットを思い出しながら、その時『無理や我慢やストレス』が生じていたのであれば、そのことも簡単に書き出しておきましょう。

自分だけのオリジナルダイエットを作るためにも必要な作業なので、ぜひ時間を作って取り組んでみてくださいね!

 

リバウンドは、禁止系ダイエットが招いている。

ダイエットというと、

・砂糖抜き、

・夜の炭水化物をやめよう

・お菓子はダイエットに禁物

・油物は良くない

・この食べた方はダメ

・アルコール禁止

・ドレッシングはオイル抜き

・運動は〇〇しないと効果ない

・筋トレをしないとダメ

などなど、自分に対して禁止をしていることは、ありませんか

ダイエットだから当たり前としてやってきたこれらの禁止が、『リバウンド』を招きます。

 

なぜかというこ、禁止しながらダイエットは、大抵ダイエット終了後に、

『これで、辛かったダイエットが終わる!』『やっとダイエット生活終わったー』と、ダイエットからの解放の喜びを味わうことになります。

この解放の喜びこそが、リバウンドの引き金になるのです。

これまでどんなダイエットしてきて、痩せた後に解放を味わっていないか、確認してみましょう。

リバウンドしない目標設定

リバウンドしないダイエットの目標を立てるとき、意識して欲しいことをお伝えします。

それは、

痩せた後の自分がどうなっていたいか?

痩せた先の自分をリアルに想像しながら書き出すことです

そしてなりたい自分の姿を、ワクワクしながら喜びに溢れている気持ちもセットにして脳にインプットしていきましょう。

まず大きな目標を立て、さらに、いくつか小さな目標(できたこと)も作っておきましょう。

なぜなら、先が見えないゴール(目標)に向かう時にハードルを下げたゴール(小さな目標)をあることで

モチベーションを保つことができるからです。

例えば、

・家族のために美味しいご飯を作った

・いつもより丁寧に掃除した

・面倒だと思ったことを、一つ終わらせた。

・笑顔で過ごせた

ダイエットのことだけでなく日々の生活の中で頑張った自分を認めることが大切です。

この小さなゴールの積み重ねが、自分への自信に繋がるようになっていきます。

 

ストレス対策でリバウンドを防止する

皆何かしらストレスは抱えているとは思いますが、ストレスをきっかけにリバウンドしてしまうお悩みはとても多いです。

どのようなストレスも無くすことは難しいけれど、リバウンドを防ぐためにも事前にストレスへの対処を考えておくことで、ココロとカラダが感じるストレスを減らすことができます。

では、ストレス対策のポイント3つ!をご紹介します。

・お金をかけない。

・時間をかけない。

・なるべく一人で。

これをベースに簡単!すぐにできる!ストレス対策を考えておきましょう。

映画鑑賞やエステや旅行など直ぐにできないことは、リストから外しておきます。

ストレスの対処方法は、具体的に決めていけばいくほど効果的です!

例えば

・好きなアロマ(ラベンダー)の香りの入浴剤のお風呂で好きな音楽を聞いて、お風呂の後は軽くストレッチする。

お金や時間をかけず、さっと行える事をいくつかリストアップして準備しておきストレスを感じはじめた時に、実践してみましょう。

この対策を準備しておくことでことで、ストレスから食に走る行動を防げるようになります。

ダイエットが辛い、やめたくなった時の3つの対処

ダイエットが辛いと感じたり、やめたくなる時は誰にでもあることですが、そこでこれまでの頑張りをなしにするのは勿体ないことです。

気持ちを上手く切り替えるための方法を3つご紹介します。

まず一つ目、結果を出そう焦っていないか?自分自分に聞いてみましょう。

焦りは禁物です。できない自分を責めず、ダイエットのペースを緩やかにしてみましょう。

もし、辛いと感じているなら、無理せずダイエットをしない日をあえて設けてみてください。

 

次に、空腹感をチェック!

ダイエットが順調なときほど、食べたいものを我慢したり「もう少し!」と頑張ってしまうものです。

食事量やカロリーが少なく栄養が足りていないかもしれません。

例えば、パン好きな人は○曜日はパンを食べる日を作ったり、毎日の中に楽しみを組み込むことも効果的です。

 

最後3つ目は、プロに頼る!

これまでの間違ったダイエットの感覚は自分が思う以上に体に染み付いているものです。

過去のダイエットと似たパターンに戻っていて、ダイエットが辛いと感じているなら、一人で悩まず、プロと一緒にと取り組んでみましょう。

ダイエットの思い込みや、考え方のクセに気づくことができダイエットを続ける喜びを味わうことができると思います。

まとめ

ダイエットのリバウンドは短期間で体重を落とそうとして過度な食事制限や急激な運動を頑張りすぎてしまうことで

起こります。リバウンドしそうな時は、ダイエットを見直すチャンスと捉えて、より自分の体と心に合った

痩せ方を見つけてくださいね!

関連記事

  1. 白湯効果

    お白湯でもっとキレイになる! 冷え取り・ダイエット・自律神経…

  2. 過食改善

    過食をやめたい!食への課題を克服するための5つのステップとは…

  3. 健康的に痩せたいと思うなら見直して!ついやってしまうNG行動…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA